女将のひとりごと イメージ

女将のひとりごと

7月のひとりごと

女将 写真

 
圓光寺
奔龍庭に
蝉囃子
 
ほんまに暑おすなぁ。ご近所さんの挨拶はこの一言でおしまいどす。
一か月の長い祇園祭も17日と24日の鉾巡行を終え本来は静かになりつつ京の町、となりますけど最近は
海外からのお客様が多く、うちとこがある(私の館がある)町のまん中はほんまに賑やかどすえ。
 
今月はちょっとは涼しい北の方に足伸ばしまひょか。
エースJTB いとをかし女将おすすめ夏号で圓光寺さんへ行きます。曼殊院や詩仙堂は
皆様行かはった事があるかもしれへんけど、うちは(私は)圓光寺さんは初めてどす。
 
北白川通りでバス降りてちょっと坂道歩いて、へぇ~こんな住宅地に立派なお寺が・・・
入って思わず目を奪う「奔龍庭」。渦を巻いた様々な文様の流れの中に自由に泳ぐ龍を思わせる石組みが圧巻どす。その先を進むと圓光寺型水琴窟で済んだ水の音を聞き、そして池泉回遊式のお庭をぐるり歩くと、竹が風に揺れる音やまるで祇園祭のお囃子の様に降り注ぐ蝉の声、目に美しい青もみじ・・・・きっと五感で京の夏を感じて頂けるはずどす。
 
庭に徳川家康公の歯を埋葬した東照宮がありますさかい、せっかくやし坂登ってもろて、伏見から相国寺そしてこの地へと変遷して落ち着かれた家康公もやっぱり京のみやこに足跡残したかったのでは・・・なぁんて思ってしまいます。
 
見応えある圓光寺さんから北白川に戻る手前にでっち羊羹で有名な中谷さんとこで、ちょっと涼とりまひょか?
ここは実はスィーツがお薦めどす。「絹ごし緑茶てぃらみす」はほんまに美味しおす。
ネットで購入も出来ますけど、今は7ヵ月待ちやし、当日京都を発たれるお客様は買うて帰らはるのも一案どすなぁ。くいしんぼのうちはここのカフェで熱い体を冷やし、「絹ごし緑茶てぃらみす」とお抹茶でほっこり。お土産にと「三色お豆のタルト」も買って、お洒落な箱抱えて、(お行儀よく?)スプーンでぱくぱく。熱いコーヒーかお紅茶(アールグレイ)がぴったりどす。
 
暑うても食欲衰えないうちは、ますます食に走ってしまうこの頃どす。
 

 
圓光寺
奔龍庭に
蝉囃子
 
ほんまに暑おすなぁ。ご近所さんの挨拶はこの一言でおしまいどす。
一か月の長い祇園祭も17日と24日の鉾巡行を終え本来は静かになりつつ京の町、となりますけど最近は
海外からのお客様が多く、うちとこがある(私の館がある)町のまん中はほんまに賑やかどすえ。
 
今月はちょっとは涼しい北の方に足伸ばしまひょか。
エースJTB いとをかし女将おすすめ夏号圓光寺さんへ行きます。曼殊院や詩仙堂は
皆様行かはった事があるかもしれへんけど、うちは(私は)圓光寺さんは初めてどす。
 
北白川通りでバス降りてちょっと坂道歩いて、へぇ~こんな住宅地に立派なお寺が・・・
入って思わず目を奪う「奔龍庭」。渦を巻いた様々な文様の流れの中に自由に泳ぐ龍を思わせる石組みが圧巻どす。その先を進むと圓光寺型水琴窟で済んだ水の音を聞き、そして池泉回遊式のお庭をぐるり歩くと、竹が風に揺れる音やまるで祇園祭のお囃子の様に降り注ぐ蝉の声、目に美しい青もみじ・・・・きっと五感で京の夏を感じて頂けるはずどす。
 
庭に徳川家康公の歯を埋葬した東照宮がありますさかい、せっかくやし坂登ってもろて、伏見から相国寺そしてこの地へと変遷して落ち着かれた家康公もやっぱり京のみやこに足跡残したかったのでは・・・なぁんて思ってしまいます。
 
見応えある圓光寺さんから北白川に戻る手前にでっち羊羹で有名な中谷さんとこで、ちょっと涼とりまひょか?
ここは実はスィーツがお薦めどす。「絹ごし緑茶てぃらみす」はほんまに美味しおす。
ネットで購入も出来ますけど、今は7ヵ月待ちやし、当日京都を発たれるお客様は買うて帰らはるのも一案どすなぁ。くいしんぼのうちはここのカフェで熱い体を冷やし、「絹ごし緑茶てぃらみす」とお抹茶でほっこり。お土産にと「三色お豆のタルト」も買って、お洒落な箱抱えて、(お行儀よく?)スプーンでぱくぱく。熱いコーヒーかお紅茶(アールグレイ)がぴったりどす。
 
暑うても食欲衰えないうちは、ますます食に走ってしまうこの頃どす。
 

弥生 女将

宿泊予約のご案内

ページトップへ戻る